財務デューディリジェンス

業務内容

デューディリジェンスは、対象企業の企業価値を適正に算定する目的のために、情報を収集し、企業の経営状態を的確に把握することです。そのため、財務デューディリジェンスを行うには、財務や税務、法務等の知識だけではなく、企業価値についても深く理解している必要があります。

また、M&Aにおいて、M&A後に何も問題がないように見える場合でも、実際はそうではないケースが散見されます。取締役として、会社法上負っている善管注意義務を果たすために、正確な調査を行うことが必要です。

なお、デューディリジェンスには、資産の実在性や負債の網羅性を検証する財務デューディリジェンス、税務リスクを検証する税務デューディリジェンス、事業の将来性を見極める事業デューディリジェンス、法的潜在リスクや係争案件を評価する法務デューディリジェンス等がありますが、当社では、グループ内のメンバー及び提携先とも協力して、目的に沿った必要なデューディリジェンスを提供できます。

業務フロー

業務フロー